心ここにもあっこにもあらず

◇日本語ラップとオールジャンルな音楽ブログ◇

[No.004]今週の気になったソング!(^^)! 5きょく

 

 

 

今週の気になったソングを、5曲紹介していきます。('ω')

 

 

今週の気になったソングの「今週」とは、

 

リリース日が、今週や今月になる曲ではなく、

 

ただ単にわたくしが「最近」聴いて良いなあ~と感じた曲です。('ω')

 

 

ちなみに、ジャンルは日本語ラップに限らず、様々。

 

それでは、始めていきましょう!!

 

 

 

 RAU DEF -「AFTER PARTY feat. Jinmenusagi

 

youtu.be

 

RAU DEFとジメサギの一曲。「AFTER PARTY」。

イントロのトラックからまずやられつつ、最初に始まるRAU DEFのラップにただただ脱帽しました。('ω')笑

RAU DEFのラップを聴いてて圧倒されるのは、フローの自由度が高いのにいくつかの小節で分け、同じ韻を踏み続けているんですよね。なので聴いててものすごく気持ちいいですし、クセになる。

そして2バース目は、ジメサギ。ジメサギもビートの乗せ方がかっこよすぎるんですよね。('ω') RAU DEFを食うこともなく食われることもなく、突出した2人が強烈なトラックの上で共存している。

ジメサギのHOOKも印象的で、ラップ・HOOK・ビートをトータルして中毒性が非常に高い。そんな一曲です。('ω')

 

 

 

  

優河 -「June」live session with 魔法バンド 

 

youtu.be

 

シンガーソングライター優河の「June」。

どこかでかかっていてかなり気になっていた一曲。('ω')

まだ誰の曲か知らずに曲を聴いていた時から、歌声にとても魅かれたんですよね。なんか深さがあるといいますか、心に響くような感覚。YOUTUBEで改めて聴いたときも、「うぉぉ素敵すぎる歌声や。」と思いました。

ちょうど拝聴したのがこのlive session verだったので、ライブハウスで歌声を聴きたくなりましたね。('ω') 音源もチェックしたいと思います。

 

 

 

 

 Derek King -「Play」
 

youtu.be

 

R&BシンガーDerek Kingの「Play」。

イントロからメロウなループトラックが非常に印象的な曲ですね。('ω')

Derek Kingは、マイクを握ったきっかけがラップだったとのことですが、活動して行く中でシンガーに転向したとのこと。

わたしは、最初聴いたときにラッパーの方だと思っていたので、そういった原点があるからそう感じたのかもしれません。

今年の4月にこの「Play」が収録されているアルバム『More Vibes』をリリースしたとのこと。('ω')キキタイ

日本語記事であまり情報がなかったのですが、今回参考にしたのは以下の記事です。

 

www.rnbsource.com

 

 

 

 

 ポルカドットスティングレイ -「阿吽」

 

youtu.be

 

福岡県出身のロックバンド・ポルカドットスティングレイの「阿吽」。

バンド名はたまに見聞きしていましたが、今まで曲を聴いたことはありませんでした。('ω')

今回この「阿吽」という曲で、初めてポルカドットスティングレイを聴いたのですが、最後までPVにくぎ付けになったんですよね。

曲全体でやや哀しい雰囲気がありつつも、サビは非常にキャッチーで、歌詞の言葉選びはとても素敵だなあと。('ω')

PVにはハリウッドザコシショウも出演しており、遊び心も満載。これを機に音源をチェックしたいと思います。('ω')

 

 

 

 

 KREVA  -「無煙狼煙」

 

youtu.be

 

ライブで披露されたKREVA「無煙狼煙」の映像。

最初かけた時に、今までの発表した曲のタイトルが流れていくので、「なにが始まるんだ('ω')」と思っていたさなか、まさかこんなキレッキレのラップの曲だとは思ってなくて、聴いた後はぼうぜんと立ち尽くすような感じに。笑

KREVAはKICKの時代からライミングにこだわりをもっていると感じるんですよね。('ω') どこで韻を踏んだかというのが明確にわかるので、あまり韻に詳しくなくてもそのラップの心地よさを体感することが出来る。この曲を聴いて改めて思いました。('ω')

 

 

 

 

以上が今週の気になったソングでした('ω')Thanks

 


 バックナンバー

kotokko-keeper.hatenablog.com